安さが魅力!CMでもお馴染みのウォーターサーバー【クリクラ】

クリクラはクレヨンしんちゃんのCMでもお馴染みのウォーターサーバーで知名度が高く、価格も安いのが特徴です。
知名度が低く、CMもうってない聞いたことのないウォーターサーバーでは何となく不安だったり、経済面を考慮したい人向けのウォーターサーバーです。
クリクラではRO水を使用しているため特に安全面を気にしたい方や赤ん坊のミルクにウォーターサーバーの水を使いたい人におすすめです。

 


 

1日105円から!安さが魅力

クリクラ最大の特徴は何といってもその安さです。
サーバーレンタル料や入会金がかからないので、気軽に始め安くなっています。
特に安いのが水の料金で500mL当たりの料金が56円となっっており、この料金は当サイトが調べた中では最安値になっています。

 

ウォーターサーバーで通常必要になってくる料金はサーバーレンタル料や配送料、水の料金等様々ですが、その中でも特に比重の大きいのが水の料金です。
そのため水の料金が安いとウォーターサーバーの維持費自体をかなり抑えることができます。
クリクラではその上サーバーレンタル料もかからないので非常に経済面で優れています。

 

一つ注意点としてクリクラでは安心サポート料金というものが必要になります。安心サポート料金は月に480円かかります。
この安心サポート料金がサーバーレンタル料やメンテナンス代の代わりになります。
ただしこの安心サポート料金を含んだとしてもクリクラが最安値になっていることは変わりありません。

 


 

クリクラが安い絡繰りとは?

ここまで安いと逆に裏があるのではないか?と勘ぐってしまいますよね。
クリクラが安いのもはもちろん理由があります。

 

それは機能性やデザイン性にこだわっていないということです。
他のウォーターサーバーではチャイルドロックや再加熱機能等色々ついている場合も多いですが、クリクラではシンプルに冷水と温水がでるだけです。
そのためこだわりの強い人にはクリクラはあまり向いていません。しかし逆にお茶やコーヒーを飲むだけだったり、おいしい冷水が飲みたいだけの人にはまさにうってつけのウォーターサーバーです。

 

ウォーターサーバーを利用している人たちの声を聞くと機能性やデザイン性を重視している人は少ないようで、多くの人は経済面を重視するようです。
実際にウォーターサーバーで人気のあるのは高機能でおしゃれなものよりもシンプルで安いものが好まれる傾向があるように思えます。

 

クリクラの維持費

ウォーターサーバーは使う人数によって一ヶ月の使用量も異なってくるので、当然維持費にも変化があります。
(ケース1)大人2人暮らし場合:
主に飲料水やお茶やコーヒー等に使用した場合、月に24L(ボトル2本)で2700円+480円(安心サポート料金)=3180円になります。
1年で3180円×12ヶ月=38160円+電気代

 

(ケース2)家族4人(内子供2人)の場合:
飲料水やお茶やコーヒー、赤ん坊のミルクに使用した場合、月に48L(ボトル2本)で5700円+480円=6180円になります。
1年で6180円×12ヶ月=74160円+電気代

 

クリクラにはサーバーレンタル料や配達料が無いので年の維持費は↑の料金+電気代のみになります。
基本的に大人一人が飲料用に使用した場合月にボトル1本(12L)程消費すると考えてください。
飲料以外に使用するともう少し量が必要になります。

 


 

【期間限定】クリクラ乗り換えキャンペーン

他社のウォーターサーバーからクリクラに乗り換えた場合期間限定ですがお得なキャンペーンがあります。
乗り換えた場合クリクラのボトル2本とVISAギフトカード5000円分をもらうことができます。
VISAギフトカードはコンビニやスーパー、amazon等で使用することができます。

 

乗り換えキャンペーンの申し込みは契約時の住所や氏名の入力フォームで乗り換えキャンペーンの欄にチェックを入れるだけで完了します。
乗り換えキャンペーンを申し込む場合は現在使用しているウォーターサーバーの解約書類等が必要になる場合があります。

 

その他クリクラキャンペーン

クリクラは乗り換えではなく新規での場合でもキャンペーンを行っておりプレゼントをもらうことができます。
キャンペーンは全部で3つ一つは上記の乗り換えキャンペーン、残りの二つは新規契約の方でも申し込みが可能で、クリクラのボトル2本がもらえるキャンペーン(2700円相当)、amazonギフト券(5000円)がもらえるキャンペーンです。
キャンペーンこれら3つの内から一つだけ選択可能です。(重複はできません。)

 


 

災害時の備えにも

近年相次ぐ地震や台風等の自然災害、そんなときにもクリクラの水を使うことができます。
クリクラは電源がついていなくても常温の水なら使うことができるので万が一停電になったとしても水を使うことができます。

 

実際に2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震の際にはクリクラは避難所に無償提供を行い、被災地でも使われていました。
今自分の住んでいる地域も被災地になるかもしれないし、ならないかもしれません。
しかし万が一という時に備え、どうせウォーターサーバーを使うのなら災害時の備えにもなるクリクラを選択するというのも一つの手です。